アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN
Google Twitter Wikipedia

7.5ウルムチ大虐殺事件後に失踪させられた人々(その33)

記事タイトル : 7.5ウルムチ大虐殺事件後に失踪させられた人々(その33)
記事URL : http://www.uyghurcongress.org/jp/?p=6468
更新日 : 2013年08月09日
情報元サイト : 世界ウイグル会議 日本語公式
登録タグ : 世界ウイグル会議 ウイグル 東トルキスタン 世界ウイグル会議 日本語公式

記事本文 : RFA 2013.07.29 | 翻訳・掲載:2013.08.09 RFAの最近の取材では、ウルムチ事件後警察隊に連行されたまま失踪してしまったもう一人のウイグル人の身元が新たに判明した。それは、2009年7月5日に、ウルムチの路上から警察隊によって連行され、そのまま失踪してしまったショヒラット・オスマン氏である。 警察官だったショヒラット・オスマン氏は、ウルムチ事件当日制服姿ではなかったため、ウイグル人に対する無差別拘束で警察隊に連行され、そのまま失踪してしまった。 彼のお母さんであるミヒリニサさんがRFAに明らかにした情報によると、ショヒラット・オスマン氏はアクス地区アワット県アイワグ村警察署の警察官で、当時24歳だった。ウルムチ事件から10日前の2009年6月24日に、お父さんを治療させるためにお母さんや叔母さんと共にウルムチに来たばかりだった。 ウルムチ事件当日、彼は叔母さんと一緒

記事タイトルを自動翻訳 : 記事タイトルをGoogle翻訳します。
記事ページを自動翻訳 : 記事ページを丸ごとGoogle翻訳します。
記事タイトルで検索 : ニュースサイトが掲載終了した古い記事を探すときにお使いください。

Twitter : この記事をつぶやく ツイート
もっと見る(古いツイートも検索できます)
アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN : 新着記事一覧 : 登録タグ一覧 : RSS取得サイトの一覧  管理 : 記事データの更新※最新ニュースを拾いに行きます。