アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN
Google Twitter Wikipedia

TranslateApiException: AppId is over the quota : ID=1230.V2_Json.Translate.2D735FDE

記事タイトル : 新疆居民DNA信息成维稳工具?
翻訳タイトル : TranslateApiException: AppId is over the quota : ID=1230.V2_Json.Translate.2D735FDE
記事URL : http://www.uyghurcongress.org/cn/?p=33714
更新日 : 2017年12月17日
情報元サイト : 世界ウイグル会議 中国語公式
登録タグ : 世界ウイグル会議 ウイグル 東トルキスタン 世界ウイグル会議 中国語公式 World Uyghur Congress 世界维吾尔代表大会

記事本文 : rfi, 2017年12月17日 周三(12月13日),总部位于纽约的非政府国际组织“人权观察”(Human Rights Watch)对外发布有关北京当局收集新疆地区居民的DNA和其它生物识别数据,认为此举严重违反了国际规范。该消息引发国际媒体的报道,但中国外交部并未正面否认。 “人权观察”组织星期三发布新报告说,新疆当局在收集上千万人的生物学特征信息包括:指纹、虹膜扫描和血型,以及DNA样本,将其存入数据库。收集对象是12岁到65岁的公民。它是通过被当局称为“全民体检”(Physicals for All)的免费年度身体检查程序收集的。 虽然这一身体检查名义上是自愿的,但“人权观察”组织报告说:所谓的 ‘重点人员’,即当局认为对地区稳定构成威胁的公民必须接受个人生物学特征信息以及DNA样本收集。”一位新疆居民对英国《卫报》说:当地干部要求所有人必须参加。对那些“焦点人物”来说,则不管他

記事タイトルを自動翻訳 : 記事タイトルをGoogle翻訳します。
記事ページを自動翻訳 : 記事ページを丸ごとGoogle翻訳します。
記事タイトルで検索 : ニュースサイトが掲載終了した古い記事を探すときにお使いください。

Twitter : この記事をつぶやく ツイート
もっと見る(古いツイートも検索できます)
アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN : 新着記事一覧 : 登録タグ一覧 : RSS取得サイトの一覧  管理 : 記事データの更新※最新ニュースを拾いに行きます。