アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN
Google Twitter Wikipedia

先端技術で監視、思想矯正……強まる中国のウイグル族弾圧 国際社会は傍観

記事タイトル : 先端技術で監視、思想矯正……強まる中国のウイグル族弾圧 国際社会は傍観
記事URL : http://www.uyghurcongress.org/jp/?p=8130
更新日 : 2018年10月09日
情報元サイト : 世界ウイグル会議 日本語公式
登録タグ : 世界ウイグル会議 ウイグル 東トルキスタン 世界ウイグル会議 日本語公式

記事本文 : Newsphere, 09.10.2018 中国政府が少数民族ウイグル人への弾圧を強めていると報じられている。国連や複数の人権団体によれば、100万人を超えるウイグル人が、再教育キャンプに送られ、長期にわたり精神的、肉体的虐待を受けているということだ。ところが普段は人権問題に厳しい西側諸国や、イスラム教徒が多い国々などから面と向かった批判は出ていない。台頭する中国への国際社会の姿勢が問われている。 ◆イスラム教で言語も別 中国に馴染まないウイグル人 ウイグル人は、中国新疆ウイグル自治区に住むテュルク語を話す少数民族で、そのほとんどがスンニ派のイスラム教徒だ。民族的、文化的に見れば中央アジアとのつながりが強く、この地域を東トルキスタンと呼ぶ人々もいる。ガーディアン紙によれば、ウイグル人は新疆の人口2400万人のうち、約1100万人を占めるという。 新疆では以前から独立を求める動きがあり、20

記事タイトルを自動翻訳 : 記事タイトルをGoogle翻訳します。
記事ページを自動翻訳 : 記事ページを丸ごとGoogle翻訳します。
記事タイトルで検索 : ニュースサイトが掲載終了した古い記事を探すときにお使いください。

Twitter : この記事をつぶやく ツイート
もっと見る(古いツイートも検索できます)
アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN : 新着記事一覧 : 登録タグ一覧 : RSS取得サイトの一覧  管理 : 記事データの更新※最新ニュースを拾いに行きます。