アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN
Google Twitter Wikipedia

新疆ウイグル自治区のイスラム教徒人質を海外に送信した後になって

記事タイトル : 新疆穆斯林出国后亲人成人质
翻訳タイトル : 新疆ウイグル自治区のイスラム教徒人質を海外に送信した後になって
記事URL : https://www.uyghurcongress.org/cn/?p=36291
更新日 : 2019年01月04日
情報元サイト : 世界ウイグル会議 中国語公式
登録タグ : 世界ウイグル会議 ウイグル 東トルキスタン 世界ウイグル会議 中国語公式 World Uyghur Congress 世界维吾尔代表大会

記事本文 : 寒冬, 2010年1月4日 新疆政府对穆斯林出境限期最长15天,超过期限回国,或在海外散布批评政府言论,其国内的担保人将被送到再教育营。有穆斯林说,就算他们移居外国,也不准许他们变卖在中国的资产。 新疆自治区政府限制少数民族穆斯林出境的规定花样百出。穆斯林要申请一本护照,需要经过所在的村委会(或居委会)、镇政府(街道办)、派出所、公安局及所在工作单位出具证明,证明海外有亲属。整个过程需时数月,甚至半年以上。 据来自新疆伊犁哈萨克自治州的消息称,当地警方暗中出台了类似于“联保”的土政策,除了规定出国探亲只准15天,还要求至少一位公务员和家属做担保,以阻止穆斯林出国后发表不利于中国政府的言论。穆斯林将其称为“株连九族”制。阿勒泰地区清河县一位不愿具名的人士,本周二(1月1日)对自由亚洲电台披露,这一政策已经在整个新疆实施,担保人包括公务员和家庭成员:“现在出国时间收缩到15天了,以前是3个月(

記事タイトルを自動翻訳 : 記事タイトルをGoogle翻訳します。
記事ページを自動翻訳 : 記事ページを丸ごとGoogle翻訳します。
記事タイトルで検索 : ニュースサイトが掲載終了した古い記事を探すときにお使いください。

Twitter : この記事をつぶやく ツイート
もっと見る(古いツイートも検索できます)
アジアンフリーダムニュースジャパン : ASIAN FREEDOM NEWS JAPAN : 新着記事一覧 : 登録タグ一覧 : RSS取得サイトの一覧  管理 : 記事データの更新※最新ニュースを拾いに行きます。